現在の予約状況と予防歯科医学について

 現在、医療法人蒼岳会クリニック、予防歯科医学センターともにご予約をお待ちの患者さんが多く予約取得が大変混雑しています。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承賜りますようお願い申し上げます。

                ———————–

ある日のこと
娘「むし歯になったらどうなるの?」
私「むし歯は歯に穴をあけてしまうんだよ」
娘「パパは歯医者さんだから、むし歯を治すのがパパのお仕事なんだよね?」
私「違うよ、パパはむし歯を治すのではなく、みんながむし歯にならないようにするのがお仕事なんだよ」
娘「ふぅん」

 スウェーデンの予防歯科医学と出会って一番自分が変わった気がします。根っからの口腔外科医だった私が、マルメ大のダン先生、グンネル先生、tepeのDHリナ、マルメ在住のアカリさんと出会うことが出来て歯科医人生が180°変わりました。これはクラッシックのピアニストがジャズに出会ってジャズピアニストになるようなもの・・・口腔外科認定医としてのプライドを胸に予防歯科医として世界レベルの予防歯科医学を正しく伝えられるよう精一杯努力していきたいと思います。

カテゴリー: -

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

本日、1/4 10:00より診療が開始となります。
年始は混雑が予想されますので、お早目のご予約をお願い申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

カテゴリー: -

冬季特別休診のご案内

 平素よりご愛顧を賜り誠にありがとうございます。
年内のご予約が大変混雑し、大変ご迷惑をおかけしております。

 医療法人蒼岳会の冬期休診は12/27(火)~1/3(火)とさせていただきます。

 なお、12/26(月)の診療は午前中のみとさせていただきます。大変お手数をおかけいたしますが休診中はお住まいの地域の休日歯科診療所をご利用くださいますようお願い申し上げます。

 ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

カテゴリー: -

質の高い治療をするために。

 こんにちは。歯科衛生士の菅野です。
12月に入り本格的に寒くなってきましたね。風邪など、流行っているようなので皆さん体調管理には気を付けましょう。

 9月11日に、日本ヘルスケア歯科学会主催・口腔内写真セミナーを、衛生士の大門と一緒に受講してきました。口腔内写真とは、お口の中のカラー写真を撮影し、治療の前と後でその状態を見比べたり、自分自身のお口の中を客観的に把握できる規格写真のことです。そのため、だれが撮っても、いつ撮っても同じ写真が撮れなければいけません。また、患者さんに苦痛を与えず、スムーズに撮影することも重要です。

 皆さんに、気持ちよく治療を受けていただくために、お口の中の状況を一緒に理解するために、今後も技術の向上に努めていきたいと思います。

scan0002

 

カテゴリー: -

本当に価値のあるものを

 むし歯予防をうたっている歯磨剤「ブリアン」や、う蝕治療材とされるドックベストセメントなど話題となっている新しい製品の効果・効能について意見を求められることがあります。

 まず結論から言ってしまえば、これらの製品について、議論する「価値」がありません。それぞれの作用機序等の話はここでは割愛しますが、本当に確かなものであれば論文がいくつも出ているでしょうし、効果のある薬剤として薬事法に認可され、保険適用にもなっているでしょう。現行の製剤を超える効果・効能をもつという確かなエビデンスがないのです。効果が全くないとは言いませんが、効果があるかもしれないし、ないかもしれないのです。

 かつて、むし歯菌を除菌するという3mixやヒールオゾン、歯周病菌を除菌するというパーフェクトペリオなどさまざまな製品が出ては消えて行きました。もちろん研究者は大真面目に研究を重ねたのでしょうが、いずれもエビデンスに乏しく長期予後の経過がとられていない「あやしい」ものでした。

 スウェーデンの歯科医は、日本の歯科医よりもエビデンスを大切にします。薬剤の選択においてはガイドラインや論文等のデータに基づいて慎重に選択するのです。われわれ日本の歯科医師も健康科学を扱う科学者であるということを認識し、不確かなものを採用することを慎まなければならないと考えています。

 現在、う蝕予防に効果があるとデータが証明しているものに「フッ化物応用法」がありますし、歯髄保護には「MTA」があります。これらの製品のように世界的なデータが存在し、いずれも我が国において認可され保険適応になっている製剤が存在しています。今現在、これらを超える効果を持つ材料は「ありません」。医療に魔法のような飛び道具はありません。広告は売れるように上手に作られています。確かな目で判断してほしいと考えています。

カテゴリー: -

研修報告(スウェーデン・マルメ編)

 研修報告の続き。

3日目に、デンマーク・コペンハーゲンからスウェーデン・マルメに電車で移動。電車で国境を越えるという貴重な体験をしました。

 

dsc01212

 マルメ大学歯学部・クリニック前にて。
校舎とクリニック、研究室が一緒になっています。
歴史ある建物でしたが、中はキレイにリノベーションされていました。

p1020333dsc01217

 大学内も丁寧に案内していただきました。う蝕予防学講座准教授のグンネル・ペーターソン先生と貴重なディスカッションが出来ました。「歯科医療」という科学を扱う私たちにとって、大切な考え方や患者さんとの向き合い方を教えていただきました。

 

dsc01270

 スウェーデンTepe本社、学術担当歯科衛生士のLinaさんに会社紹介と工場の案内をしてもらいました。歯ブラシや歯間ブラシなどの作成途中を間近で見ることができました。Tepeは機能性、デザイン性ともに優れていて世界のドクターや歯科衛生士の協力の下で作られていることも教えていただけました。

 

p1180984

 スウェーデン最南端トレレボリで日本ではあまり体験の出来ないラズベリー狩りをしたり・・・

 

p1180997

 ホストファミリー、あかりさん家でスウェーデン夏の名物ザリガニを御馳走になりました。昨年に続き、あかりさんに大変お世話になりました。

 

 このスウェーデン研修を通して、「予防すること」の大切さはもちろんですが、伝えること、そして続けることの重要性や難しさを痛感しました。日本国内にとどまらず、予防の先進国であるスウェーデンで学べたことは、私たちの歯科衛生士人生にとって大きな財産となりました。

カテゴリー: -

研修報告(デンマーク・コペンハーゲン編)

  皆さんこんにちは。歯科衛生士の菅野、大門です。

 8月14日から19日の夏季休暇に、予防歯科を学ぶためデンマーク・スウェーデン視察研修へ連れて行ってもらいました。P1010709 天候にも恵まれ爽やかなスタートとなりました。
成田→コペンハーゲン スカンジナビア航空で約10時間のフライトです。


dscf6864 素敵な景色が広がるNYhavn(ニューハウン)では、水上バスに乗り、約1時間ほどの運河ツアーをたのしみました。

 

p1020289
 歴史あるTivoli(チボリ)公園では美味しいランチを食べたり、楽しく散策。


dscf6828
 コペンハーゲンの街並みは、すごくオシャレで歩いているだけで癒されました。季節は日本と同じ夏でしたが、上着が必要と感じられるような気候です。

dscf6844 泊まったアブサロンホテルは、フロントの方もきれいで、英語があまり話せない私たち2人にも優しく話しかけてくれました。部屋も北欧らしい素敵な造りでした。

 

 スウェーデン(マルメ)へ続きます・・・

カテゴリー: -

安くて便利な歯医者がよい歯医者でしょうか?

0027 当法人を受診した患者さんから、たまに診療費が「高い」と言われることがあります。保険診療であれば日本全国一律料金で、保険医療機関によって差はないはずです。強いてあげれば当法人は歯科外来環境体制加算と明細書発行体制加算を厚生労働省に届出し、算定しているくらいです。無理な歯冠修復等の処置をしているわけでもなく、歯科保険請求のレセプト単価は群馬県平均と比較しても低値です。また、明細書発行体制加算を算定している医療機関は嘘偽りなく、正当な診療報酬請求をしているという証でもあります。

 診療費が「安い」歯医者がよい歯医者さんでしょうか?患者さんは歯科治療という「商品」を購入しているのではありません。どちらかというと「医療技術」の対価として診療費用を支払っていただいているのに近いと思います。医療機関は滅菌や感染対策、日進月歩である技術の習得や医用材料など目に見えないコストがかかっていますが、それらが、直接的に診療費につながっている事はありません。

 「初診時に診査・検査だけで何も治療しないなんておかしい」とご意見をいただいたこともありますし、「(特別扱いで)早く治療を進めたい」「予約を融通してほしかった」「歯石除去を一回でやってほしい」とのご意見をいただいたこともあります。「便利」な歯医者が「よい」歯医者なのでしょうか?歯科医院過剰時代、歯科医院のレベル低下が叫ばれました。われわれ歯科医療施設は「早い」「安い」「美味い」の牛丼屋チェーンではありません。特に、大学院博士課程で学んだ口腔外科医である私は「われわれは歯科医師・歯科衛生士であり、歯科医療を「科学」と捉えるいわば科学者である」という意識を高く持っています。当法人の歯科医師・歯科衛生士は科学的なデータの裏付けや歯科医療従事者としての良心に基づいて診療していますので、特定の患者さんを特別扱いすることはありませんし、不当な利益行為を行う事もありません。

 当法人は決して高所得者向けの歯科診療所ではありません。歯科への意識・関心が高い方向けの歯科診療所です。通院してくださる患者さんには、コストや便利さに惑わされず、本物の歯科医療の評価をしていただきたいと願っています。

カテゴリー: -

カリオグラムを活用しています。

cariogram

 「カリオグラム」とは、1997年スウェーデン王立ルンド大学歯学部う蝕予防学講座ダグラス・ブラッタール教授、同ダン・エリクソン准教授(現マルメ大学歯学部う蝕予防学講座主任教授)らによって開発されたう蝕(むし歯)リスク診断プログラムです。食事的要因、細菌学的要因、環境的要因等のう蝕成立要因を調べ、それらの結果を入力していくことによって「今なぜ、う蝕になっているのか」「今後どうやって、う蝕を予防していくべきなのか」を診断することができる、う蝕予防学で最も支持されているう蝕リスクの診断ソフトです。

 医療法人蒼岳会 スコーネ予防歯科医学センターでは、う蝕の成立要因もわからずただやみくもにフッ素塗布やTBI(刷掃指導)、PMTC(機械的歯面清掃)でう蝕を予防していくのではなく、患者さんごとにどのような要因によってう蝕が成立し、どの手法を用いて予防していくべきなのかを診断し、患者さんごとにカスタマイズされたう蝕予防プログラムを進めています。

診査項目
・う蝕経験
・関連全身疾患
・食事内容(砂糖摂取量)
・間食を含む飲食回数
・プラーク量
・ミュータンス菌(細菌培養検査)
・フッ化物プログラム実施の有無
・唾液分泌速度測定
・唾液緩衝能測定(酸性から正常に戻す力)
・臨床的判断

カテゴリー: -

10月臨時休診のお知らせ

10/13(木)・14(金)は臨床研修指導歯科医講習会の為、臨時休診とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

カテゴリー: -

[再掲]夏季休診のお知らせ

P1020079

平素よりご愛顧賜りまして誠にありがとうございます。
8月15日~19日
夏季休暇(デンマーク・スウェーデン視察研修)の為、休診とさせていただきます。

8月20日(土)より通常通り診療させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

カテゴリー: -

当法人の口腔外科診療について

0007

 平素より医療法人蒼岳会の診療にご理解を賜り誠にありがとうございます。今日は当法人の口腔外科についてご紹介します。

 医療法人蒼岳会すさ歯科クリニック伊勢崎には多くのご紹介患者さんがいらっしゃいます。そのほとんどが口腔外科手術を目的としたご紹介です。当法人では全身麻酔が必要な症例や一部悪性腫瘍の生検等を除くほとんどの口腔外科外来手術を実施しています。また、医療連携が必要な場合は群馬大学医学部附属病院歯科口腔・顎顔面外科をはじめ、高度な口腔外科診療が受けられる医局関連病院と連携をしております。口腔外科診療の第1.5次医療機関として対応症例やお住いの地域などを考慮し紹介先を決定しています。紹介先の医療水準や対応症例などから患者さんが希望する病院に紹介状を作成することができない場合もございます。

 夏にはスウェーデン マルメ大学予防歯科学講座への研修も予定し、かかりつけ医として予防歯科から高度な口腔外科手術まで対応できる高度でかつ総合的な歯科医療環境を整えております。何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

カテゴリー: -

共に成長しています。

 こんにちは。歯科衛生士の菅野です。
蒸し暑い日が続いていますね。皆さん、熱中症等に気を付けて日々を過ごしていきましょう。

 さて、お気付きの方も多いかと思いますが、6月27日から衛生士学校の学生さんが実習にきています。毎日、一つ一つ色々なことを吸収しながら、日々の実習に取り組んでいます。たくさん勉強して、たくさん練習して、責任や自ら考える力を持った衛生士になれるよう、実習生と共に私たちも日々成長させていただいています。

DSCN5249

 今週いっぱいで終了なので、残り少ない時間ですが、みなさん暖かく見守っていただければと思います。

カテゴリー: -

デンタルショーに参加してきました。

 皆さんこんにちは。歯科衛生士の大門です。なかなかすっきりしない天気ですが、知らずしらずのうちに熱中症になってることが多いようです。こまめに水分補給を行いましょう。

 16日(土)、17日(日)に都内で開催された「日本デンタルショー」に参加してきました。DSCN5245

 会場も広く、歯ブラシや歯磨剤の紹介だけでなくユニット(治療の椅子)やレントゲンの機械なども展示されておりワクワクしながら見ました。
 また、コミュニケーションについてのミニセミナーにも参加し、「どうしたら円滑な人間関係が構築できるのか」なども勉強することができました。診療だけでなくいろいろな場面で活かせたらいいなと思います。

カテゴリー: -